パパの歩幅は狭い

30代、2児のパパです。今年マイホームを建てました。家の事、子育ての事、趣味の事など、日々感じた事を書いていきたいと思います。

「のどがとっても痛い」長女が溶連菌感染症に

今日は長女を小児科へ連れて行きました。

昨晩から熱があったためか、少しぐったりしてました。

診断結果は溶連菌感染症

お医者さんから聞いたことなどをまとめておきます。

 

症状は「のどの痛み」と「発熱」

昨日の朝、「のどが痛い」と訴えていたので、

熱を測りましたが、平熱。

他に症状もなかったので幼稚園へ連れて行きました。

 

幼稚園ではお昼ごろから少し具合が悪そうにしていたそうで、

帰る際に熱を測ったところ38.5℃。

インフルエンザも流行っていたので、

習い事は休ませて、家でゆっくりしていました。

夜は熱が39.5℃まで上がり、すこし寝苦しそうでした。

氷枕を使って就寝。

 

鼻水や咳などは出ていませんでしたが、

朝になっても高熱が続いたため、

小児科へ行きました。

検査と治療

のどを見るために口をあーーってしたら、

「溶連菌感染かもしれないので検査しましょう」と。

少し長めの綿棒をのどにゴシゴシ…

痛いから手を握っているように言われましたが、

当の本人は痛くなかったようで、

ケロッとしてました。

 

結果が出るまでに5分程度。

溶連菌感染症に伴う扁桃炎でした。

 

治療は飲み薬です。

医師から言われた注意点は、

 ・お腹が張ったり、血尿が出たりしたらすぐ受診

 ・薬が効きだすと少し痒みのある皮疹が出る

 ・症状がなくなった後も、薬は最後まで飲み続けること

かわいい?ピンクの粉薬だったので、

子供も喜んで飲んでくれます。

これならしっかり飲み切ってくれそうです。

他人へうつるの?

溶連菌は咳や唾などでうつる飛沫感染

薬を飲み始めて1日ほどで感染力は小さくなるので、

明日からは普通に生活してもいいそうです。(熱が下がれば…)

家族内で感染しないために

次女は飲み薬が苦手なのでなるべくうつらないでほしい。

今回は家庭で対策を行ってみました。

 

 ・マスクの着用

 ・ハンドタオルの使用

 ・飲食前の手指消毒

 

飛沫感染なので、やはりマスクの着用。

子供は嫌がりますが、少しの間なので我慢してもらいます。

そして、手洗い後は共用のタオルではなく、

ハンドタオルを使うようにしました。

そして、手指消毒。今まで使ったことなかったですが、

今回を機に長く使っていくことになりそうです。

 

誰にもうつりませんように…。

f:id:meganePaPa:20200119003835p:plain