パパの歩幅は狭い

30代、2児のパパです。今年マイホームを建てました。家の事、子育ての事、趣味の事など、日々感じた事を書いていきたいと思います。

太陽光発電の申請が通りました。

こんにちは。

 

前回の更新から気づけば1カ月、なかなか習慣にできないmeganePaPaです。

はてなブログ様からのメールが届いて、更新出来ていないことに気付きました。

気を取り直して、もう一度習慣化を目指して頑張って書いていこうと思います。

 

我が家はオール電化太陽光パネルが載っています。

 

トヨタホームの担当営業さんに聞いたところ、家族4人だったら4.5kWくらいのせておけば、年間の光熱費を売電で相殺できるくらいということで、4.5kWにしました。

 

売電が始まっていなかったので実際のところわかりませんが、住み始めて4カ月、先日ついに売電開始のお知らせが届きました。

売電が始まっていない間も太陽光パネルをのせていることによるメリットをいくつか感じられたのでまとめようと思います。

 

メリット

①発電中は電気代が相殺できる

太陽光パネルは、発電中は自家消費にあてられます。天気がいい日の日中では、調理器具などを併用しない限り、買電なく過ごすことができます。

②家族が節電に興味を持つ

現在使用している電力が数値でわかるため、節電に対しての意識が高まりました。

アパート暮らしでは、見てないテレビや廊下の電気が付けたままになんてことが多かったですが、今では子供も進んで消すようになりました。

 

今後はこれらのメリットに加えて売電による収益があると思われますので、我が家では今のところ、「載せて良かった」と思えています。今後の収益によっては意見が変わるかもしれませんが…。

 

来月以降は売電と買電の収支報告もしていこうと思いますので、太陽光パネルをお考えの方は参考になれば幸いです。

 

ではまたー。